インフルエンザの予防接種が痛いのはなぜ?痛くない方法とは?

7600c33304aeb5c3c7a9648b25765238_s

毎年のインフルエンザの予防接種、私が働いている病院でも職員は任意ですが殆どの人が接種。
「今年のインフルエンザの予防接種は痛い」「インフルエンザのワクチンは他のワクチンに比べて痛い」
職員の中でも噂になります。何の根拠もないのですが、でもインフルエンザになった時の辛さと、
病院内でインフルエンザウィルスを広めないためにも、予防接種は必要ですね。

今回は、インフルエンザの予防接種はが痛いのはなぜか、
痛くない方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種が痛いのはなぜ?

●注射を刺した時の痛み

①痛みの違いは注射針の太さと刺す深さによります。
日本では皮下注射(皮膚の浅いところに刺す)で、予防接種するように指導されていて、
米国などでは筋肉注射、筋肉注射のほうが腫れにくいですが、痛みが強いようです。
日本ではワクチンのショックを減らすために皮下注射にしているようで、痛みが少なく、
またインフルエンザの予防接種の針は細いので、注射の中でも痛くない方です。

②打ち手の違い、医者や看護師による上手い下手の違い。
皮膚には痛点という痛みを感じる部分が無数に存在するそうです。
ちょうど網目のようになっている感じです。
そこを避けて注射されれば、痛みはさほど感じないようです。
ただ、見た目からは判断できないので看護師さんは神経を刺さないように、注意はできますが、痛点まではわからないので、長年の感によるものが大きいのではないでしょうか。
また、器用、不器用は存在するので器用な人は痛くない処置の習得が早いのもあるのでは
ないでしょうか。

●注射の針を刺し、ワクチンを注入する時の痛み

中身のワクチン、液の違い。
これは根拠はないのですが、良く病院の職員の間で言われます。
ただ、中身の添加されているものが変わってはいないので、
私の憶測では、液体が冷たければ痛みを感じやすいのと、
ワクチンを注入するスピードが早ければ痛みを感じやすいのではと考えています。

スポンサードリンク

●小さい時に受けた注射の痛みのフラッシュバック

日本の場合の注射は基本的に皮下注射であるので、痛くないはず。
では、赤ちゃんの時に受けた注射の時の痛みが記憶の奥からよみがえり、
見ているだけで痛みを感じるというもの。
一度、注射部分を全く見ないで受けてみればわかるかもしれないです。

055677

痛くない方法とは?

注射を打つ前に注射の打つ、肘の上のお肉の薄いところをギュッーと数秒押さえてから、
注射してもらうと刺す時の痛みは、麻痺してしまうのか痛くないです。
これは、病院で痛いのが嫌なのでと言って痛くない方法を聞くのもいいかもしれないです。
私の場合は、勝手に押さえていますけど痛くないですよ。

注射後の痛みは?

注射後に痛みを感じる腫れを起こす人は、
体質によるところが大きいようです。そういう方は毎回、決まったように腫れます。
接種後は揉んではいけないので、熱を持っているようなら冷やすほうがいいです。
そして、時間とともにだいたい、2,3日で痛みも緩和されてくるはずです。
まれに、重篤な副作用が起こることもあるようですが、安全性の高いワクチンと考えられています。

それでも、具合が悪いようなら注射を受けた病院に診てもらうほうが良いでしょう。

まとめ

インフルエンザの予防接種の時期、インフルエンザが流行するのが12月~3月にかけてで、
11月後半から12月にかけて予防接種を受けるのが良いです。
効果は五ヶ月ぐらいのようですので、早めの接種にご注意して下さい。

注射の時の痛みよりも、インフルエンザの重症化してしまったら辛いですし、
さらには周りの人にうつしてしまうかもしれないので、
そう考えたら、インフルエンザの予防接種を受けたほうがいいかもしれないですね。

関連記事→インフルエンザ予防、家の中で免疫力高める理由は?足湯器が効果あり? 

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>