インフルエンザ予防、家の中で免疫力高める理由は?足湯器が効果あり?

064578

 

インフルエンザの時期。日本では例年12月から3月ごろまでがインフルエンザの流行る時期です。

インフルエンザは、強い感染力があり老若男女を問わず、短期間で感染が拡大してしまいます。

できることなら、かからずに健康で日常を過ごしたいですね。

インフルエンザを予防するには、予防接種を受けたりといろんな方法があると思います。

今回は、インフルエンザ予防のために家の中で免疫力を高める理由と免疫力アップのために
足湯器の効果を紹介していきます。

スポンサードリンク

インフルエンザの主な特徴

・潜伏期間は、1~3日程度。一週間程度はウィルスを保菌しているので療養が必要。
・感染経路は主に飛沫感染。くしゃみや咳での鼻水や唾液が水滴となって飛び散り、吸い込むことで感染。
・発症すれば、急激に38℃以上の高熱が出ます。
・症状は、 悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰(たん)、 呼吸困難、腹痛、下痢などの胃腸症状などがあります。

インフルエンザ予防のために家で免疫力を高める理由は?

インフルエンザや風邪でよくあるのが
「子どもの風邪、インフルエンザがうつった」もしくは「子どものがうつったかもしれない?」という家族内での感染、
子どもがいる場合に、一度は言ったことあるのではないでしょうか。
やはり、子どもは免疫力が大人に比べて弱く、小学校などでもらってくるのが多いです。

でも、家族がインフルエンザに感染してしまうとうつりやすいのは事実ですが、
必ず、インフルエンザになるとは限りませんよね。
もっと詳しく言えば、実は家族がウィルスに感染すれば、家の中でくしゃみや咳をして飛沫してしまうため
ほぼ間違いなく他の家族にもウィルスが付着、感染してしまいます。
通常、健康な人の場合は感染しても発症してないだけです。
体内にある免疫力や抵抗力のおかげで発症しないのです。

スポンサードリンク

なので家の中にいる時に出来るだけ免疫力を高めることできれば、発症する可能性は減ります。

 

007239

家での免疫力アップに足湯器が効果あり?

家の中で一番簡単に免疫力を高める効果があるのは、足湯器かもしれません。

①足湯器は気軽に全身浴と同じ効果が得られる。
足は末端で冷えやすいですが、太い血管が通っているために全身が温まるようです。

②足湯器で全身への血の巡りが良くなることで、ウィルスなどに感染した細胞を駆除、繁殖を防ぐ
nk細胞(ナチュラルキラー細胞)が体温が上がると活性化する。
なので体温が上がると免疫力が上がると考えられています。

③血液は、栄養分の他に老廃物が含まれています。その老廃物は足に溜まりやすいです。
足湯器で血液の循環が良くなると、老廃物の排出を助ける働きがあります。

④足湯器で暖まった後は、第二の心臓と呼ばれる「ふくらはぎ」を足裏と一緒に揉みほぐすと
更に血液の循環を良くすること出来ます。

免疫力への効果は個人差や専門的なことはわかりませんが、
確実に血行が良くなり、お風呂に入った後のような感じになるのは確かです。

まとめ

インフルエンザの予防のために、家でも気軽に出来るのがいいところですね。
私の場合は、テレビを見ながらや本を読みながらという感じでついでにやっていますね。
1日に1回か、多くとも2回程度で
ちょっと熱い目の40~41度で10分から20分程、ほんと気軽に。
お年寄りの方にも、オススメですね。
特に急に寒くなったり、疲れがたまってきてるなあと感じたタイミングでは必需品になってしまいました。

家の中での家族感染が多いインフルエンザの予防のためにも、一度ためしてみてはどうでしょうか。
もちろん、予防接種や食べ物、手洗いうがいなども気を使いながらですよ。

関連記事→インフルエンザの予防接種が痛いのはなぜ?痛くない方法とは?

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>