お歳暮の人気商品ともらって嬉しい物。お歳暮選びの注意点。

お歳暮の時期が来ますね。日頃、お世話になっている方へのほんの少しの感謝の気持ち。
数あるお歳暮の中から選ぶのも一苦労です。毎年同じものを送っている方もおられるとは思います。今年も、相手の喜ぶ顔を想像しながら選びたいですね。

お歳暮とは

そもそもお歳暮とは、一年を通してお世話になった人への感謝の気持ちを伝えるために送るもの。
時期も新年の準備を始める12/10~12/20までに送るのがベストです。
最近では、年末の挨拶の意味も込めて送られ、時期も少し早まってきています。

スポンサードリンク

もらって嬉しいお歳暮

もらって嬉しいお歳暮はズバリ、商品券、カタログギフト、ビール・発泡酒、ハム・ソーセージ、洋菓子。
この中の商品券とカタログギフト、ビール・発泡酒について詳しく見て行きたいと思います。

商品券、贈答品としてお金を送るのはタブーですが、実際はお金をもらって好きなモノを買いたいと考える人は多いです。
でも、商品券がお歳暮で送るのは何か物足りなく、贈答品には適さないと考えている人が多いため。
実際に送る人は少ない。欲しいものと送るもので、最もギャップのあるもの。若い世代の知人や友人に送るのなら抵抗は少なくて、喜ばれるかもしれません。

カタログギフト、こちらも若い世代向けだと思います。
最近は、結婚式の贈答品や内祝いなどでもカタログギフトを使うことが増えています。
一度はもらったことがあるかもしれませんが、選択肢が多いカタログが増えており、
豊富な商品を選ぶことができるのも人気の一つではあります。

スポンサードリンク

ビール・発泡酒、こちらはお歳暮の中でも常にトップクラスの定番の商品。
やはり男性に送るお歳暮が多いので、男性の中での満足度は高いと思われます。

商品券やカタログギフトが喜ばれるものに入っていますが、
実際に送るものは相手の方への心遣いが伝わるものになるようです。

贈り物選びの注意点

・相手の方の嗜好に合うものを選ぶ

当然ではありますがお酒が飲めない人や好き嫌いだけでなく、健康上の理由で飲めないものや
食べれないものは相手の方への配慮で送るべきではありません。
また、こだわりの部分で消耗品でもこの洗剤しか使わないなど、
こだわりを持っている場合もあります。
特にあまり相手の方がわからない場合は、送るとき注意が必要。

・賞味期限や鮮度に注意

賞味期限が近いものや花などの植物。
せっかく送っても、もしかしたら相手の方が旅行や帰省していることも。
送る場合には、相手の方の都合を確認する必要があります。
また、量が多すぎると困る場合もありますので人数や家族構成に合わせる配慮も必要です。

・高価なものすぎる

あまりにも高価なものでは気を使わせすぎることもあります。
やはり、普段使いできるものがおすすめです。

まとめ

お歳暮を送る時に一番大切なのは、送る相手の方のことを考えて商品を選ぶことだと思います。
相手のことを良く知っておくことができればなお良いですよね。
健康に気を配ったものや無添加、無農薬のものといった相手の方へ気配りしたものを送るのも良いと思います。

お歳暮によって、送る側のちょっとした心遣いが伝わり、気持ちが伝わるお歳暮になればいいですね。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>