センター試験前日の過ごし方とは?センター試験当日の流れは?

dabe1d0fbcaeb16878fb6083d807d561_s
いよいよセンター試験が近づいてきましたよね。

センター試験当日は、誰もが緊張と不安でいっぱいになります。
試験前日に眠れなかったり、徹夜して勉強しようとしたりと人によって色々。

でも、妙に高いテンションな自分がいたりします。
少しでも、自分の力をそのまま発揮できるようにしてほしいです。

今回は、センター試験前日の過ごし方やセンター試験当日の流れを紹介します。

スポンサードリンク

センター試験前日の過ごし方は?

簡単に一言で言えば、

いつも通りの生活をしましょう。

他の受験生もきっと同じで緊張や不安でいるので、
平常心で臨めれば一番いいですね。

睡眠

いつもと同じ時間に寝ましょう。
と言ってもなかなか眠れないかもしれません。
ただ、部屋を暗くして目をつぶっているだけでも体も脳も休まります。
最悪、寝れなくてもいいぐらいの気持ちでいたほうがいいですね。

勉強

新しい参考書や、問題集をやるのではなく、
今までやってきたことの復習程度にしておきましょう。
使い古した参考書やノートを見て復習に努めるほうがいいです。
自信のある科目の過去問をやるのもいいですね。

食事

ゲン担ぎのカツ丼、やる人はいないかもしれませんが、
胃に負担をかけないような食事、いつも食べ慣れているものの方がいいです。
当日、体調不良にならないようにしたいですね。
私の場合は、胃が軽いほうが頭も冴えるのでご飯と味噌汁、納豆みたいな朝食のようなものを前日、当日に食べていきましたよ。

持ち物チェック

前日の夜よりも昼間に行なって、カバンに準備しておけるものは早めに入れておきます。
心の余裕にもつながるので、当日の朝に最終チェックすればいいです。
受験票もしっかりと読んでおいて下さい。

☑ 受験票
☑ 写真票(写真を忘れずに)
☑「受験上の注意」(大学入試センターより受験票と同送)
☑ 学生(身分証明)証
☑ 黒鉛筆(H、F、HBのどれか、印字が英字のものなど注意が必要)
☑ 鉛筆削り(電動式ダメです。小さいもの)
☑ 消しゴム
入手困難ですが、ゲン担ぎの滑らない消しゴム!!

☑ 時計(携帯やスマホの時計ではダメです)
☑ 交通費(ちょっと多めに)
☑ お弁当・飲み物
☑ ハンカチ・ティッシュ・マスク
☑ 上履き(受験票に記載あれば)、履いてきた靴を入れる袋
☑ 参考書や自作ノート(使い古したもの)
☑ カイロ・ひざ掛け・座布団(必要以上に防寒対策しすぎないように)
☑ 雨具
☑ お菓子(飴やミントスなど)
☑ 目薬、胃腸薬
☑ 手帳、メモ帳
☑ お守り
☑ 携帯・スマートフォン(マナーモードではなく、電源を切りましょう)

センター試験当日の流れは?

①受験会場が開門(試験開始1時間ぐらい前に行くのがいいです)
②校門で受験票を見せるか、受付があるところは受付で受験票を見せる
③受験票と案内を見ながら教室に入ります
④試験開始までに、トイレを済まして試験開始を待ちましょう
⑤休憩時間は、リラックス、頭を休ませることを重視しましょう
深呼吸すれば意外と緊張を和らげてくれますよ
100929

まとめ

センター試験の前日、当日はいつも通りを心がけて下さい。
そして、準備と適度なリラックスを抜かり無く行いましょう。

それでもセンター試験は、どうしても緊張してしまいます。

その中でも、精神を研ぎ澄まして周りの雑念を振り払い、集中あるのみです。

試験までに行なった勉強の成果、
自分自身の努力の成果が出せるようにお祈りいたします。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>