結婚式や二次会のドレスコードが平服って?どんな服装で行くの?

60d15286d34ce07ba334908ce69d1ebf_s
はじめて、結婚式や二次会に参加する場合、

招待状に「平服でお越しください」
「ドレスコードは平服でお願いします」

こう書かれていると、
正直、曖昧でどんな服装で参加したらいいのか?

難しいですよね。

最近はいろんな形でのウェディングパーティーがあるから、
このあたりのマナーもよくわからないですね。

今回は、

ドレスコードが平服とは?
結婚式の女性の平服は?
結婚式の男性の平服は?

というのを紹介していきます。

スポンサードリンク

ドレスコードが平服とは?

ドレスコードは「服装規定」のこと。
平服は「正装ではない服装」のこと。

簡単にすると、
結婚式の服装や二次会の服装のルールが、
正装で無くてもいいよということ。

服装の格みたいなもので、
礼服=「正礼装」「準礼装」とか、礼服を略した「略礼装」っていうものがあります。

格付け的にはこんな感じで考えてみたらどうでしょうか?

【正礼装】

㊚モーニング ㊛アフタヌーンドレス
㊚燕尾服   ㊛イブニングドレス
㊚紋付き袴  ㊛黒留袖


【準礼装】

㊚ディレクターズスーツ ㊛カクテルドレス
㊚タキシード      ㊛色留袖
㊛セミアフタヌーンドレス

ここまでは新郎新婦や親族の方や仲人さんの服装。

【略礼装】

㊚ブラックスーツ㊛ブラックフォーマル
㊛ワンピース㊛ツーピーススーツ
㊛デイタイムドレス
㊛ロングドレス

【平服】
㊚ダークスーツ
㊛ワンピース
㊛ツーピーススーツ

結婚式の場合は、
平服=略礼装くらいで考えてみる。


【普段着】

ジーンズ等

一般的には正装は結婚式や披露宴で着るもの。
平服は礼服よりもカジュアルにした二次会で着るもの。

こういうニュアンスで使われていることもあります。

ですが、今回はわざわざ平服でお願いしますということなので、
結婚式の場合の平服は、略礼装で行くようにするといいです。

なぜかというと、

平服っていうのは正装(正礼装、準礼装)でないだけで、
結婚式や披露宴、二次会などのまわりの人に合わせた服装です。

結婚式で大切なところは、
新郎新婦より格上服装や同等の服装にならないようにする。

新郎新婦や親族といった招待する側の人の服装が、
ゲストよりも格下の服装になってしまうと、
ゲストに大変失礼にあたってしまうからです。

格下の服装とはいっても、
間違っていけないことは、平服=普段着ではないことです。
あくまでも、正装ではないけど結婚式に適した服装にするということです。
最近は、昔に比べて服装のマナーもゆるくなったと言われていますが、
服装は新郎新婦の親族の方に見られています。
新郎新婦の友人の代表や会社の代表であることを忘れてはいけません。





また、ほとんどの人は、結婚式披露宴と二次会の服装は同じもので参加します。
なかには、着替える人もいるようですが、二次会にも参加しやすいように、
服装を平服に指定しているということも言えます。

あともう一つ大事なのが、
平服というのが社交辞令的に使われっているのか?

本当に気軽に形式ばったものでなく、
おしゃれも楽しんでね的に使われているのか?

結婚式場の雰囲気や二次会の会場、ウエディングパーティーの形式、
このあたりも調べつつも、
参加する友人や知人、
新郎新婦にも相談しておくといいと思いますよ。

結婚式の女性の平服は?

結婚式の女性の平服は、略礼装にしたらいいといいましたが、

女性の場合明確な決まりみたいなもんが無いです。

そして、いろいろと服装の種類が男性よりも豊富です。

ここが難しくしているところ。

個人的にこういう服装がいいかなっていうのは、

キレイめなワンピースやスーツ(黒以外)です。

理由は、

①無難なところ。
大抵の結婚式や披露宴、二次会にもOK。

②あくまでも、新郎新婦が主役なので、
華やかすぎず上品な感じでいけます。

③披露宴のスピーチなどを頼まれていたとしても、
失礼もなく、逆に非常に好印象。

ワンピースの上品でおしゃれな感じや
コーディネートなんかのイメージをつかみたいなら、
通販サイトが参考になりますよ。
パーティードレス通販GIRL

★結婚式の女性の服装マナー

最近はいろんな形でのウェディングパーティーがあるから、
最低限のマナーもよくわからなくなりがちなので、
簡単におさらいしておきましょう。

①ドレスは単色無地が基本。白系のドレスはNG。
②露出は控える。
胸元がお辞儀して見えないこと、開きすぎるとダメ。
膝が丸見えになるのもNG。
ノースリーブは、羽織るものが必要。
③素材はシルクやポリエステルなどで、コットンやウール、ファーはNG。
毛皮、革製品はすべて避けるようにしましょう。
④羽織ものはボレロやショール。
⑤靴は基本は布地。つま先の隠れるパンプス。
⑥ストッキングは基本肌色で無地。網タイツはNG。
⑦鞄はコンパクトサイズなパーティーバック。
⑧ヘアアクセサリーは基本的に無しで。

結婚式の男性の平服は?

男性の場合は、女性よりも簡単かなっと。
結婚式の男性の平服は、ダークスーツが基本です。

グレーや紺色のスーツにワイシャツの色は白。
参加者のほとんどの男性がこんな感じですね。

あんまり難しく考えないでシンプルにいくのが一番です。

こだわるところは、
ネクタイとポケットチーフにすればいいですね。
ネクタイとポケットチーフは、
明るめの黄色や光沢のあるものにして、
おめでたい雰囲気やお祝いの気持ちなんかをイメージできるものがいいです。

まとめ

結婚式や二次会の平服は、
正装よりも略礼装、もしくは近い服装で行きましょう。

特に女性は華やかだけどおしゃれで上品なワンピースやスーツで、
花嫁を引き立てる華になれると最高ですね。
結婚式を楽しんできて下さいね。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>