冷凍チャーハン焦がしにんにくとお水のいらないラーメン横綱食べた~

dsc_0187
冷凍チャーハンとお水のいらないラーメンで超手ぬきごはん!

毎日の晩ごはんの仕度はごくろうさまで~す。

イオンに晩ごはんを買いに行ったんですけど、
冷凍食品の先頭コーナーでチャーハンとラーメン押し!!

冷凍チャーハンは、味の素の「焦がしにんにくのマー油と葱油が香るザ☆チャーハン600g」
冷凍のラーメンは、キンレイの「お水のいらないラーメン 横綱」「お水のいらないラーメン北魁 味噌」

チャーハンの方はかなり前から気になっていて、
しかも、ラーメンが「横綱」!!
食べてみたいという衝動に負けてしまい。
思わず、今日はこれで超手ぬきごはんにしよう!!

ということで、今回はこの冷凍食品の食べた感想などをレビューしています。

スポンサードリンク

冷凍チャーハンはやっぱりうまい?

それでは、味の素の「焦がしにんにくのマー油と葱油が香るザ☆チャーハン600g」から~

dsc_0188

dsc_0190
袋を開けるとこんな感じ。

dsc_0191

フライパンにするか?電子レンジにするか?
どっちがいいのか?
これは直感的に、フライパンのほうがおいしくできそうという理由で、フライパンで炒めることに。

dsc_0197

調理方法のとおりにやります。

・フライパンには油を引かない
・凍ったまま中火で炒める
・1袋6~7分、1/2袋は4~5分。

dsc_0201
ということで中火で6~7分炒めます。

dsc_0204

にんにくのにおいがして、食欲をそそります。
くっつかないでパラパラしたまま解凍されていきます。

dsc_0219

出来上がり^^

dsc_0221

dsc_0225

あつあつのできたてをすぐに食べます。
dsc_0226
本当においしいです。冷凍チャーハン恐るべし。
普通に下手なラーメン屋で食べるよりもクオリティーあると思います。

ただ、少し油っぽかったのでラーメンか汁物と一緒に食べるのがベスト!!

スポンサードリンク

お水のいらないラーメンが簡単すぎ~

つづいて、

キンレイの「お水のいらないラーメン 横綱」
dsc_0229
「お水のいらないラーメン北魁 味噌」
dsc_0228
調理方法は、
凍ったまま鍋に入れて、スープが溶け始めるまでは弱火。
溶け始めたら火力を上げてグツグツ煮立つとできあがり。

調理開始!!

お鍋にもスッポリ、まだ余裕がありますね。
dsc_0241
両方ともいっぺんに調理してみます。
dsc_0242
30秒ほどで少しずつ溶け始めます。
dsc_0244
すかさず、中火にして煮立つまで待ちます。
7~8分で煮立つました。

火力の加減もあって、横綱のほうが早く出来上がりました。
北魁は具の中にキャベツが入っていて、その部分だけが最後までなかなか溶けず、
この後も2分程火にかけました。

器に移して食べます。

先に北魁の味噌ラーメンの方から。
味噌味噌していなくて、あっさりでほんの少しのピリ辛な感じ。

一言で感想をいうと、「普通」です。

もっと具を入れてアレンジすればおいしくなるかも・・
でもそれだったら手間かかるから違うラーメンにするか~?

つづいて。横綱ラーメン。

正直、もともとこれが目当てです。
昔よく食べた横綱ラーメンで思い出しながら~食べます。

一言。「残念。」

とんこつラーメンぽくて、麺の湯がいた感じが残る味でした。
ということで、あまりおいしくなかったです。
そして、横綱ではありませんでした。
※あくまでも、個人的感想です。参考までにしてください。

当たり前といえば当たり前なんですけどね。
横綱のお店で食べるほうがおいしいに決まってますからね。
ただ、食べたことない人が横綱たいしたことないな~って思われたくないです。
なので、お店で食べてから判断してほしいなあって思います。

そういうことで、かなり久しぶりに行きたくなってきましたね。

>>ラーメン横綱

まとめ

味の素の焦がしにんにくのチャーハンは、おすすめです。
また食べたいかなって感じですね。
特に子供がかなり気に入って、ぺろりと食べてしまいましたよ~。

おっと、お値段なんですが
チャーハンが462円(税込み)
ラーメンが278円(税込み)×2

だったので1000円くらいの晩ごはんでした。
ちなみに家族4人で食べると、全然足らなかったので結局追加で作ることに・・・

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>