イルミナイト万博クリスマスの時間や混雑状況。太陽の塔は大迫力?

20141211_201009
今年もイルミナイト万博クリスマス2014の時期がやって来ました。
万博記念公園が、太陽の塔を中心に光のイルミネーションスポットになります。
数年前までは、少し地味な感じがしたスポットだったんですが、今はそんなことはないです。
冬の大阪の代表的なイベントになっています。
昨年からはラーメンEXPOも同時開催、今年も混雑が予想されますね。

今回は、イルミナイト万博クリスマスの時間や混雑状況。
太陽の塔のビームペインティングなどの見どころを紹介していきます。

スポンサードリンク

イルミナイト万博クリスマスの時間や混雑状況は?

イルミナイト万博Xmas

☑ 日程   12/11(木)~12/14(日)、12/19(金)~12/25(木)
☑ 時間   16:00~21:00(入園は20:30まで)
万博記念公園は、9:30~開園してます。
※注1 太陽の塔のビームペインティングは、暗くなってからです。
17:30ごろからの上映予定です。
※注2 16:30以降の入園は、中央口・日本庭園前ゲート・東口のみになります。西口・北口はご利用できません。
☑ 入園料  250円
☑ アクセス 大阪モノレール万博記念公園駅より北へ、徒歩5分程です。
☑ 駐車場  16:30以降は、中央駐車場・日本庭園前駐車場・東駐車場のみ入庫できます。
☑ 駐車料金 平日800円、土日祝1200円です。

※普通車のみ、16:30以降の入庫は駐車料金が半額になります。
平日400円、土日祝600円になります。

☑ 混雑状況 昨年からのラーメンEXPOと同時開催の為。
今回も混雑が予想されます。
昨年の状況から最大で駐車場に入るのに1時間、
入場制限で20分くらいは見ておいた方が良いですね。
また、お帰りの際にも駐車場の出待ちや駅までの道のりでも大変混雑します。
外は寒いので出来るだけ暖かい服装で行くようにしましょう。

今年はクリスマス(24日、25日)が平日なので少しマシかもしれませんね。ただ、もし都合が合えば、前半の平日に行くのもいいですね。

太陽の塔のビームペインティング、やっぱり大迫力?

スポンサードリンク

太陽の塔のビームペインティングは、なんといっても迫力がすごいです。多少混雑していても遠くから十分見れますね。
もちろん、真下からも見ることできます。
17:30頃から10分間隔で上映、いろんな3D映像が太陽の塔に映し出されて飽きる事ないですね。

背面には自分が書いた絵や文字が映し出される、マッピングパズルブースもあります。
パズルに成功すれば1分、失敗なら30秒、背面に表示されます。
人気コーナーなので書きたい方は、早めに行って案内で確認するほうがいいですね。

屋台やイルミネーション、ラーメンEXPOも一緒に行こう!

太陽の塔以外にも楽しめるところ満載。

●ホットフードコート
ちょっとしたB級グルメも屋台になって登場しています。
ここもたくさんの人でにぎわいます。

●東大路のイルミストリート
LED10万球の光が会場全体を包んで幻想的な雰囲気にしてます。
クリスマスイルミに来たなあと実感できます。

●ラーメンEXPO
食券800円を買えば、一杯のラーメンが食べれます。
全国からよりすぐりのラーメン店が出店。
第1幕(12/11~12/14)第2幕(12/19~12/21)第3幕(12/22~12/25)の3つの時期に分かれ、各時期ともに12店舗が出店し、合計36店舗のラーメン店が出てきます。

どこもおいしそうなラーメン店が並んでいます。
こちらにもぜひ、立ち寄って見て下さいね。

100473

まとめ

年々スケールが増す、イルミナイト万博クリスマス、期待も大きくなりますね。

私の場合は、混雑避けるためにも前半期の12/11、12/12の平日に行く予定をしています。
少し早めに着いて、ラーメンEXPOにも行きたいですね。

機会があれば、今年の冬は万博に行って太陽の塔を見て、
ラーメンを食べて年越しに備えるのはどうでしょうか。
関連記事→

●万博のラーメンエキスポ!出店店舗とおすすめのラーメンとは?
●2014年12月11日、万博公園のイルミナイト万博とラーメンエキスポに行って来ました~

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>