書き初めの筆が割れる、直すにはどうする?筆の洗い方とは?

095594

冬休みの小学生の宿題に必ずと言っていいほどある書き初め。

普段、小学校の授業で行っている書道ですが、

お正月の書き初めの時に、子供の筆が割れていて書きにくいんですね。

自分が使っている時はこんなに割れていなかったような…

今回は、書き初めの筆が割れる原因や直す方法、筆の洗い方について紹介していきます。

スポンサードリンク

書き初めの筆が割れる、直すにはどうする?

筆が割れる原因は、筆の洗いが不十分なために、

根本に墨が残って固まることから筆が割れてしまいます。

特に小学生くらいのお子さんの場合、
キレイに洗えていないことが一番の原因になります。

では、筆の割れを直すには、
①ぬるま湯につけて丁寧に洗ってみてください。
②根本の墨を中心に、固まった墨を落とすことに注意して下さい。
③そして、洗い終わったら、筆先をキレイに整えて筆を下に向けて干します。完全に乾くまで干すと割れていた筆がキレイになりますよ。

ただ、完全に根本の墨が取れていないと割れますので、
普通に洗ってもダメな時は、40度くらいのお湯に
半日くらいつけて見て下さい。
根本の墨が落ちるはずです。

また、筆が固まってしまうのが嫌な場合は、
あまりおすすめしませんが、

スポンサードリンク

リンスをつけると筆がサラサラになります。

丁寧に洗ってもなかなか割れが元にに戻らない場合は、
買い替えたほうが良いですね。

筆の洗い方は?

筆が割れるのを防ぐために

普段からの洗い方を見なおしてみてください。

①水もしくはぬるま湯をためたバケツや容器に、
しっかり筆を濡らして下さい。

②穂先を中心に指の腹で揉み洗いするようにして下さい。

③洗い終わると、水を切ります。

指の腹で水を出しきるのと、古紙や雑巾でも水気をとります。

④穂先を下に向けて、干しましょう。
きちんと乾燥させないとカビが発生してしまいます。

ただ、お子さんの場合はやっぱり雑に洗ってしまったりするので、
使い終わったら根本に墨が残らないように、
洗うことを少しでも意識すると違いますよ。
また、家に持って帰った時に丁寧に洗ってしまうか、
時間がない時でも水を入れたペットボトルにつけておいて、
干すだけでも違いますよ。

まとめ

筆が割れていると思うように墨汁の量が調整できなかったり、

文字が不自然に割れてしまったりするので
普段からのお手入れが大事ですね。

でも、考えようによっては割れた毛先で書く書き初めは、
字に味が出るかもしれないです。

筆にも人それぞれの個性が出るので、面白いですよね。

そう思えば、筆一本一本を出来るだけ大切にしていきたいですね。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>