大根の葉を捨てるなんてもったいない。大根の葉のお手軽利用法!!


大根を買ってきて食べる時に葉っぱの部分ってどうしていますでしょうか?
やっぱり、捨ててしまうという方も多いと思います。

そんな私も捨ててしまう派だったんですけど、

「なんかもったいないなあ~」

とか、

「何かに利用できないかな?」っていつも思っていました。

今回は、そういふうに思ったことある方に、
大根の葉を捨てるなんてもったいない。大根の葉のお手軽利用法を紹介していきます。

スポンサードリンク
  

大根の葉の栄養や効能とは?

大根は1年中日本の食卓で活躍する食材ですが、主に使われるのが白くて太い、根の部分です。煮物として、サラダとして、色々な使われ方をしています。

柔らかくて食べやすい大根ですが、
大根の葉について言えば、そのまま捨ててしまうことも多いですよね。

また、大根の葉の部分がついているのは、あまり売られなくなっています。
しかし、実は大根の葉の部分に栄養がたくさん詰まっています。

含まれている栄養素として、ビタミンAがあります。
βカロテンとも言われている栄養素で、新陳代謝を高める効能を持っています。
皮膚や粘膜を保護する役割を持っており、潤いを保つなど、美肌効果を得られるのがメリットです。

ビタミンCも豊富です。
ビタミンCは美容成分としてとても有名で、サプリメントや医薬品、化粧品などで普通に使われています。
抗酸化作用を持っており、体内で過剰に分泌される活性酸素を抑えることで細胞の健康を守ります。
細胞が守られることで、皮膚の衰えを予防して、エイジングケアに役立ってくれます。
紫外線ダメージによるシミ予防にもおすすめです。

さらに、鉄分が大根の葉の部分に含まれています。
ほうれん草に負けないくらい、鉄分の含有量を誇るほどの実力を持ちます。
貧血を防ぐには有効な栄養素で、女性なら積極的に摂取したい存在だといえます。

とこんな感じで思っていた以上に、栄養分が含まれていることがわかります。

利用法①大根の葉のふりかけ 作り方は?

栄養が豊富でも、大根の葉の活用方法がわからなければ使いみちがなくなります。
しかし、大根の葉を使ったお手軽料理として、ふりかけがあります。

誰でも簡単に作れる方法ですので、食材を集めて早速作ってみることをおすすめします。
4人分のふりかけの作り方ですが、ます大根の葉を1本分用意します。
葉付きで大根を売ってくれる、スーパーや八百屋などを探すようにしてください。

スポンサードリンク
①鍋に湯を沸かし、少々の塩と大根の葉を入れて軽く塩ゆでします。
湯からあげたら、軽く水分を切ってみじん切りにします。

②鍋に大さじ1杯の「べに花油」を入れて熱し、大さじ1杯の「白ゴマ」を炒めます。
白ゴマに程よく色がついたら、大さじ3杯の「ちりめんじゃこ」と、みじん切りにした大根の葉を投入して炒めます。

③火を強めにして、軽く炒める程度で構いません。
続いて、顆粒の鰹だしを少々、小さじ1杯の砂糖、大さじ2杯の醤油をすべて混ぜ合わせたものを鍋の中に入れます。

④汁気が熱で飛ぶように素早く炒めれば完成です。調理時間はおおよそ15分くらいです。

短時間で仕上げられるため、他の料理を作っている合間や、気になったときにでもお手軽に作ることができます。
カロリーは合計58キロカロリー程度で、とてもヘルシーです。

利用法②大根の葉の漬物 作り方

ふりかけだけではバリエーションがないと考えるなら、
漬物にアレンジしたり、チャーハンとして食べる方法が用意されています。

まず漬物ですが、とても簡単に作れます。

大根の葉を細く切り、塩もみをしたらボールに入れてから一回り小さなボールに水を入れ、重しとして上に置きます。
30分が経過したら、大根の葉をザルに入れて水洗いし、水分を切っておきます。
鷹の爪と昆布だし、化学調味料を大根の葉に加え、混ぜ合わせれば完成です。
作った後の残り分は、冷蔵庫で保存可能です。

チャーハンを作る場合にも、最初に大根の葉をみじん切りなどで細かくしておきます。
フライパンに油を入れ、熱したら細かくした大根の葉を入れて炒めます。
2膳分のご飯と、10g程度の鰹節をフライパンに投入し、醤油大さじ1杯、酒大さじ1杯、化学調味料小さじ4分の1も入れて、よく炒め合わせます。

これだけで完成です。

炒飯の作り方は他にもアレンジ方法が豊富に用意されています。
ご飯を入れる前に溶き卵を入れて、卵入りチャーハンを作ったり、いりごまをトッピングにして食べる方法などが用意されています。

大根の葉に含まれるビタミンAは油との相性が良く、炒め物は最適な調理方法です。

まとめ

大根の葉に対するイメージもだいぶ変わったんではないでしょうか?
ふりかけや漬け物なら簡単に作れて、おいしく食べれますよ。
それで、栄養も豊富ならなおさらいいですね。

そこから私がやったのは、
大根の皮ももったいないと考えて、「大根と人参の皮のきんぴら」。

大根の皮と人参の皮を厚切りにして千切りにします。
そこに大根の葉っぱもあわせてしんなりするまで炒めます。
砂糖、醤油、みりんで味付けしました。
少し味を濃い目にすればおいしいです。
私は普通に食べたんですけど、旦那からは大不評でしたのでおすすめはしませんが・・・

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおすすめ!!