女性の厄年は信じる信じない?気をつけることと出産が厄落としになる?

641995
あけましておめでとうございます。

今年、満30歳!!

全然嬉しくないんですが、女性の厄年は33歳。

友達から「私達って今年前厄だよ」って言われて、

「うそ、違うでしょ」と思ったんですけど、

どうやら前厄のようです。

厄年と言われるとやっぱりなんかした方がいいかなって
すごく気になりますよね。

今回は、
女性の厄年は信じる信じない?
女性の厄年に気をつけることは?
出産が厄落としになるの?
というのを紹介していきます。

スポンサードリンク

女性の厄年は信じる信じない?

そもそも、厄年って、ものすごくざっくりと言うと、

「厄年には悪いことがおこる」かもしれない。

という科学的には根拠の無いことだけど、

日本人の多くの人はこれを気にするほど浸透している、

日本文化の一つです。

なので、信じる信じないは自分次第、

自分自身の気持ちのもちようとも言えます。

ただ、現実的なこととして、30代というのは節目の年齢ですよね。

10代と20代なら近い気もしますが、
30代や40代はもう完全におばさんに近づいた。

という現実。

そして、体も心も変化が起こる年代だから、
20代の時よりもいろいろと気をつけていこうねっていうのが厄年の本当の部分ではないでしょうか?

30代の大きな変化はやっぱり、
女性であれば結婚、出産の部分がおおきいかな。

この2つを経験すると、だいぶかわってきますからね。

女性の厄年に気をつけることは?

よく言われているのは、

厄年の時には、結婚、出産、家を建てること、引越し、転職など
人生の大きな転機となることは避ける方がいいなんて言われています。

また、地域によって逆にそれらが厄落としにもなるというところもあり、
考え方によって様々です。

個人的には、女の人にとって結婚や出産は大きな節目に当たるけれども、
厄年に左右されるものではないと思います。

スポンサードリンク

結婚や出産は大きな幸せをもたらすものと考えてもいいんではないでしょうか?

ただ、何ごとにも「無理をしないこと」

人生でそうそう何度も経験しないようなことを無理すると、
体や心のバランスを崩してしまうことにつながるかもしれません。

よくよく計画を立てて、
行き当たりばったりや無理な計画になっていないか?

ふと、客観的に冷静になって判断したいところですね。

昔の人からの厄年には、「くれぐれも気をつけなさい」というのを、
昔の知恵で教えてくれている戒めです。

出産が厄落としになるの?

先程、厄年の出産は気をつけることの一つにあげたのですが、

本厄の時に子供を出産すると厄落としにもなるという説もあります。
また、男の子は厄落としになって、女の子は厄落としにならない説もあります。
昔は男の子が跡継ぎとして、喜ばれたことにも関係しているのかもしれないです。

いずれにしても、地域によって考え方が様々です。

個人的な意見は、

厄を落とすというのではなくて、

夫婦に対して、「福来たる」

子供は宝ですから家族にとって福が来るものだと思います。

結局のところ、それぞれの人によって考え方一つです。
ポジティブに考えていきたいところです。

厄払いはするべきか?

神社やお寺に行って厄払いを考えられている方も多いと思います。、

厄払いをするかどうかも、その人の心一つ。

厄払いすることで前向きに行動することができるのなら、
その後の人生が変わってくると思います。

まとめ

女性の33歳、37歳の厄年は、人生のリスタートみたいなものかなって。

・自分の今までの生き方を思い返してみて、整理整頓。
・これからの生き方を考えて、整理整頓。

そういう機会にして、

いうなれば、心と体の「断捨離」するということです。

これって、やっぱり必要なことだと思います。
厄年がこれからの人生をより良いものにするためのきっかけにしたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする