手塚治虫記念館に子供と行った感想は?時間や駐車場は?

dsc_0313

兵庫県宝塚市にある「手塚治虫記念館」に子供2人を連れて行ってきました。

マンガの神様でもある手塚治虫、

といっても子供は読んだこともなくて、
いまいちピンとこない感じでしたが、
一緒やっていたウルトラマンの催し物が目当てでした。

今回は、手塚治虫記念館のこどもと行った感想と、
混雑状況や駐車場、周辺の遊べるところなどを紹介しています~

手塚治虫記念館に子供と行った感想は?

ニトリの駐車場から歩いて5分。
手塚治虫記念館につきました。

すぐ、「火の鳥」モニュメントで記念撮影!

dsc_0319

入口に入ると、
鉄腕アトム、リボンの騎士。
子供は知らない。アニメのキャラだけど、
写真だけはとりたがります^^
dsc_0320
dsc_0323
さっそく、子供の目当てのウルトラマンへ!!

dsc_0355

ウルトラマンで記念撮影

dsc_0361
ユニフォームがかっこいい!!
dsc_0363
子供に人気だったのがこの場所。
dsc_0365

懐かしい~やっぱりセブンが一番

dsc_0372
続いていったのは、ここです。
dsc_0328
子供には、アニメ工房がおすすめ!
交代制で時間が決められています。
dsc_0341

子供は一通りやります。
マンガを動かしたり、
スタッフの人が紙とペンを貸してくれて、お絵描きしたりします。

dsc_0339
dsc_0335

dsc_0340

他にも手塚治虫資料館、
手塚治虫のマンガ全部が読めます。

dsc_0370

ちょっとしたカフェ。ジャングルカフェ。

dsc_0371

手塚治虫記念館だけだと、子供には時間があまるとおもいます。
長くいても1時間位です。
大人には感慨深い物が多くありますが・・・

これとか
dsc_0366

火の鳥読みたい!!
dsc_0368
三つ目がとおるも、
dsc_0367

子供の時読んだけどよくわからなかった。
もう一度、大人目線で読みたいですね。

dsc_0379

dsc_0380

混雑状況や駐車場は?

混雑状況はどんな感じ?

10月15日の土曜日の午前中に行ってきましたが、
そこまで混んでませんでしたね。

ただ、ウルトラマンとの握手と撮影は限定人数で並んでいたのと、
観光客の人は外国人ばかりでした。
日本人は少なかったです。

駐車場はどこ?

近いところでは
・宝塚文化創造館駐車場29台
・タイムズニトリ宝塚歌劇場前店195台
に駐車するのがおすすめ。
dsc_0312
今回はタイムズニトリでとめました。
195台停めれるので満車にならないはずです。
ついでにユニクロで買い物したので、
2時間無料になりました。

手塚治虫記念館の周辺の道路は、かなり混みます。
そして、道幅も狭いので気をつけてくださいね。

周りで遊べるところは?

駐車場から手塚治虫記念館に歩いてすぐのところに、
宝塚文化創造館のところにある花のみち・さくら橋公園
dsc_0381

dsc_0382
まだまだ元気で不完全燃焼な時はここの公園で少し遊んで帰ってもいいですよ。

手塚治虫記念館の基本情報

●開館時間

9時30分~17時(入館は16時30分)

●入館料

大人 700円
学生 300円(中学生・高校生)
小人 100円(小学生)

今回はクーポン利用で、
大人が630円小人90円でした。

ちなみにイオンカードを見せれば5名まで10%割引です。

他にも割引適用の会員証やクーポンがたくさんあるので、
手塚治虫記念館の公式サイトで確認してみてください。

http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/index.html

●住所:〒665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町7-65

●地図

●お問い合わせ

電話番号:0797-81-2970 ファクス:0797-81-3660

まとめ

手塚治虫記念館は子供から大人まで楽しめる場所だと思いますが、
うちの子供みたいな小学生低学年には少し難しい。

マンガがもっと読めるようになる、
小学生高学年あたりからだともっと楽しめると思います。
私自身は、実家に親のブラックジャックがあったので、
難しい内容でも怖い内容でも恐る恐る読んでいたこと思い出します。

自分の時と違って、今はアニメや動画が気軽に見れるから、
昔の子供ほどマンガを読み始めるのが遅いかもしれないですね。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>