ノロウイルスの予防対策と消毒方法は?家庭で簡単にできること!!

055341
毎年、流行ってしまうノロウイルスなんですが、
予防対策にもいろいろと情報があってわかりにくかったりしませんか?

できるだけわかりやすく、簡単に家庭でできる予防対策を紹介しています。

ノロウイルスの予防対策は?

ノロウィルスの予防対策は、ズバリ!!

「正しい手洗いをすることです」

これだけです。

574627

正しい手洗いとは、

①石けん、ハンドソープを使い、10秒間のもみ洗い

②15秒間の流水ですすぐ

これを2回繰り返すということです。

2回繰り返すことで、ノロウイルスの残存率は約0.0001%まで減らすことができたという実験があります。
(内閣府の食品安全委員会のホームページ参照⇒https://www.fsc.go.jp
ちなみに、石けんに殺菌作用はなく、汚れと一緒にノロウイルスを洗い流しやすくすることができます。

私のように子供をお持ちの家庭なら、
子供はなかなかここまでキレイに言わないとしてくれません。
でも、一度習慣づいたらきちんとやってくれます。

もう一つ、旦那です。
うちの場合だけかもしれないですが、手洗いきちんとしていない男性います。
ここも、注意してみておきたいことです。
何度も言って最近は、うちの旦那も理解してくれたみたいで正しい手洗いを実践中です。

ノロウイルス予防に手洗いは有効ということは知っていても、
たったこれだけのことを徹底してやるだけでもかなりの予防になりますね。
301521
そして、手洗いのタイミングも重要です。

お家に帰ってきた後の手洗いやおトイレに行った後、
調理を始める前などきちんとした手洗いをしましょう。

外出先から帰った後は特に家の中に持ち込ませないため、うがいも同時にしておくといいですね。
もし外でノロウイルスをつけて帰ってきたとしてもほぼ洗い流せます。

ノロウイルスの消毒方法は?

315571

こちらもご承知の通り、
アルコール消毒は効果がなく、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)で消毒する。
なので、次亜塩素酸ナトリウムを100~200ppmに希釈したものを使用して殺菌するということ。
要するにハイターを水に薄めたものを使用するということ。

知識として知っていても、実際のご家庭で予防のために手洗い後に消毒したりというのは、
臭いや手間もあって現実的にやっている方って少ないのではないでしょうか?

そこで簡単にノロウイルスを消毒できる除菌スプレーがあります。

それは、ノロキラーSです。
楽天とかでも500円~700円位で買えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノロキラーS(400mL)【ノロキラーS】
価格:648円(税込、送料別) (2016/10/15時点)

これも、次亜塩素酸ナトリウムのスプレーなんですが
有効塩素濃度200ppmで充填されているので、
ノロウイルスの消毒に必要な濃度に合致しています。
そして、安心して利用できる理由があります。

食品添加物に使用される原料で作られているので無害。

これを知ったのは、私が働いていた飲食店でまな板や作業台にも使用していたからです。
去年、同じものを探した時は市販されていないのか見つからなかったんですが・・

ノロキラーSの使い方は?

・部屋の掃除
・お風呂場
・トイレ
・赤ちゃんのおもちゃ
・マスクの除菌
・部屋の花粉や、カビ胞子、ダニアレルゲンの分解
・ぬいぐるみ、布団、布製品(色落ちテストしてから使用)
・汚物処理
・まな板や包丁

要するに室内全体に使用できます。

ノロウイルスの場合、噴射してから3~5分以上はおいておくと効果的。
そして、インフルエンザやロタウイルス、大腸菌やO-157などの細菌にも使用でき、
ほとんどのウイルスや菌を除菌できることが期待できます。
部屋の花粉対策にも使えるところはすごいです。

まとめ

家庭でできる一番簡単で、
一番効果が期待できるノロウイルス予防対策は、

正しい手洗いとノロキラーSによる消毒。

とはいっても、
100%ノロウイルス防ぐことは不可能です。

ただ、なってからの症状はかなりきついです。
そして、子供さんがおられるならなおさらです。
できるかぎりノロウイルスに感染しないように予防対策はしておきたいですね。

スポンサードリンク

,

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>