お肌がインナードライになる原因とは?インナードライの対策は?

IMG_8948
インナードライのお肌に悩まされている方も多いのではないでしょうか。
インナードライというのは、表面はしっとりどころか皮脂でテカテカしているのにお肌の内側は乾燥している状態のことを指します。
インナードライの方は一般的なスキンケアではなく、インナードライのためのスキンケアをしていく必要があります。

スポンサードリンク

お肌がインナードライになる原因とは?

そもそもインナードライの原因は何なのでしょうか。

それはズバリ、乾燥です。

ただ、お肌の表面がオイリーだと乾燥している自覚がないのがやっかいです。

お肌というのは乾燥することによって、敏感になってしまいます。
外からの刺激にも弱くなりますので、お肌は「このままではいけない!」と防衛反応を起こします。
その防衛反応として、皮脂が分泌されるのです。これ以上乾燥させないようにとたっぷりの皮脂を出すため、
その状態を見て「私はオイリー肌なのか」と勘違いしてしまう方も多いのです。
オイリー肌だと思い込んでオイリー肌用のスキンケアをしていくと、さらにインナードライが進行してしまいます。
この悪循環に陥っている方は多く、まずは自分がインナードライかもしれないと考えることが大切です。
特に、今の時代はお肌が乾燥しやすい環境が整っています。夏場には冷房で乾燥しますし、冬場には暖房で乾燥してしまいます。
毎年のように猛暑と言われるようになり、年々紫外線も強くなっています。
さらに、働く女性が増えたことによって仕事上でのストレスや仕事による不規則な生活なども当然出てくるでしょう。
こういったものすべてがお肌の乾燥を進めてしまいます。

インナードライの対策は?

インナードライの対策としてまず挙げられるのが、皮脂対策をしないということです。
言い換えれば、オイリー肌用のスキンケアをやめることです。
分泌された皮脂をあぶらとり紙などで取っていくのもよくありません。
分泌された皮脂を取っていくと、余計に皮脂が分泌されてしまいますので悪循環となってしまいます。
同じ理由で洗顔にも注意が必要です。洗浄力の強い洗顔料を使って洗顔をしたり、洗顔そのものの回数を増やしたりすることによって、肌の乾燥が進んでしまいます。
乾燥に伴って皮脂の分泌も多くなり、インナードライが進行してしまいます。
インナードライの方というのは、肌の内部は乾燥しているのに表面だけがオイリーになっていることが多いものです。
そのため、たちまち表面のオイリーな部分への対策をしようとしてしまうのですが、
そこをぐっとこらえて乾燥肌対策に切り替えていくことによってインナードライに適したスキンケアができるようになります。

スポンサードリンク

では、具体的にどのようにスキンケアを進めていけばいいのでしょうか。

ポイントは、「とにかく優しいスキンケアを心がけること」です。

例えば、洗顔の際には必要な皮脂まで落としてしまわないようにぬるめのお湯を使いましょう。
温度が高すぎると、それだけで皮脂が全部流れていってしまうのです。
洗顔料も刺激の少ないものにしましょう。いろいろな添加物が入っているものよりは、天然素材のみなどのシンプルな配合になっているものが好ましいです。
特にメイクをしている方の場合、メイク落としと別に洗顔をすることもあるでしょうし、メイク落としもできる洗浄力の強い洗顔料を使うこともあるでしょう。
メイクはメイクでしっかりと落とさなければいけないのですが、メイクも石けんで簡単に落ちるものに変えて、できるだけ1回の洗顔でメイクもオフできるようにしていきたいものです。
また、乾燥を避けるためにも、スキンケアをスピーディーにおこなっていくことも大切です。
洗顔後には間髪入れずにすぐに化粧水をつけ、保湿剤でその水分が逃げないようにしっかりと蓋をしていきましょう。
インナードライのスキンケアには細胞の水分保持に関係しているセラミドが有効だといわれていますので、
化粧水にしても保湿剤にしてもセラミド配合のものがいいでしょう。もちろん、洗顔料と同じように添加物などができる限り少ないものを選択していきたいものです。
あとは、直接肌に働きかけるスキンケアというわけではないのですが、紫外線対策やエアコンの使用頻度を減らすこと、水分補給などもインナードライには必要な対策となってきます。日焼け止めを使わない帽子や日傘といった紫外線対策はもちろん、刺激の少ない優しい日焼け止めを使うのも効果的ですし、エアコンの使用頻度を減らすことによって外からの乾燥を防ぐことができます。多くの方が忘れがちなのが水分補給です。十分な水分を摂取していないと、体の内側から乾燥してしまいます。体内の水分が足りていないのに肌だけが潤うということはまずありませんので、肌のためにもこまめな水分補給を忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>