ホテルや旅館でチップは必要?チップを渡すタイミングと相場は?

474725
国内でたま~に家族で旅行先で宿泊する時って、

ホテルや旅館ではチップをすべきかどうか悩んだことはないでしょうか?

そもそも、チップは渡す必要があるか?
渡すならタイミングやいくら位を目安にしているか?

旅慣れしていないと、このあたりのマナーはどうなのかなと考えてしまいますよね。

今回は、

ホテルや旅館でチップは必要?
チップを渡すタイミングは?
チップの相場は?

というのを紹介しています。

スポンサードリンク
  

ホテルや旅館でチップは必要?

日本では、ホテルや旅館でのチップは基本的に必要ありません。

なぜかというと、
日本の場合は宿泊料にサービス料(10%)が含まれているからです。
なので、日本ではチップに気を遣う必要ありません。
また、泊まる場所がホテルの場合はまず不要です。

では、渡すといいかもっていう場合を言うと、

・高級旅館などで昔からの心付けの慣習が残っている場合
・子供への便宜を払ってもらったり、特別なサービスが必要な時
・団体での旅行や宴会などの仕度に手間がかかる時

個人的にはこういう特別な場合は、チップをお渡ししてもいいかもしれませんね。
日本流のチップはあくまでも心遣いの一つだと思います。

ただ、もう一回言いますが、基本はお渡しする必要はないですからね~。
普通に個人や家族でお泊りするならなおさらです。

あらかじめ、チップや心付けをお断りしている旅館などもあるくらいなのであまり気にせず、
旅行自体を楽しみましょうね。

スポンサードリンク

チップを渡すタイミングは?

もし、チップを渡す必要があるって場合。
チップを渡すタイミングはどうすればいいか?

その前にチップと心付けの違いついて、知っておきたいところ。

最近は、チップと心付けが同じようなものとして使われていますが、

チップは、サービスを受けた後に渡すもの。そのサービスを評価したお金です。
心付けは、先に渡すもの。「融通きかせてくださいね~」気持ちの部分でのお金です。

本当は全然別物なんですが、ここらへんを気にする人は少なくなってきていますが・・・。

そこから渡すタイミングを考えてみると、

・旅館に着いて担当の仲居さんが挨拶される時。

ここでは心付けの意味で、
気持ち良く泊まらせていただく、または迷惑料の先払い的な感じで渡す。

・旅館を出る時

ここでは、チップの意味で、
仲居さんとても感じのよいサービスを受けたやお世話になったことに対して。

こういうタイミングでお渡しすると自然です。

チップの相場は?

チップの相場に決まったルールはありませんが、

一般的に多いのは、2人で2000~3000円。
家族なら3000~5000円。

だいたいの目安として、参考にしてみてください。

また、お金を包むものはティッシュ、ぽち袋、封筒で包むことが多いです。
中には、現金を裸で渡す人もいるのでそこまでこだわらなくてもいいですね。

最後に

個人的なことですが、チップの有る無しでサービスが変わってしまうような旅館はあまりよい旅館ではないと思いますよ。
どんなお客様でも、同じサービスを提供されている旅館が日本にはたくさんあると思います。
チップを渡すということは、日本では習慣化されていないので旅館の方でもそこに力入れていないですしね。
なので、気にせずにおもいっきり旅行を楽しみましょう。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>