夏の部屋の温度を下げる方法は?部屋で熱中症になる温度とは?

190346
日当たりの良い部屋だと冬はいいのに、夏になるとこんなに暑いとは~

しかも、エアコンをかけていても、なかなか部屋の温度が下がらない。

こんなことはないでしょうか?

小さい子供がいると、熱中症の心配もありますよね。

今回は、

夏の部屋の温度を下げる方法は?
部屋で熱中症になる温度とは?
部屋での熱中症対策は?

というのを紹介していきます。

スポンサードリンク

夏の部屋の温度を下げる方法は?

とにかく、エアコンかけてても暑い!!

夏の部屋の温度を下げる方法を見てみましょう。

480017

①まずは、西日対策は窓から断熱

部屋の温度が下がらない時の一番の原因といってもいい、「西日」
太陽の直射日光がかなりきつい部屋にいるはずです。

まずはここから対策していきましょう。

【窓の外側】

窓の外側から西日対策する。
というのは、外からの直射日光でカーテンや窓が熱くなるのも防いでくれます。
直射日光だと部屋の中の壁や窓、家具などにかなり熱がたまります。
すると、部屋のエアコンの効きが悪くなります。
なので、窓の外からの対策が重要になります。

●すだれ

窓の外にはすだれで日陰をつくると、かなり部屋の温度が違ってきます。
昔の人の知恵でお手軽に対策できるのがいいですね。

ただ、マンションの上の階やベランダが小さいところだと飛んでいかないか心配になります。
私の場合、網戸にすだれをつけています。
ホームセンターなどでフック状のものがあるのでこれが一番簡単で、網戸も動かせるからいいです。
今のところ、飛んでいったりはしていません。
すだれ自体がかなりしっかりしたものだからです。
100均すだれよりは、しっかりしたすだれを選ぶようにするといいですよ。

●グリーンカーテン

朝顔やゴーヤなどツル性の植物をはやしてグリーンカーテン。
外から見ても、キレイに緑が整えられているとおしゃれにも見えます。
ゴーヤだったら収穫して食べれます。
テラス・ライムとか色鮮やかで涼し気なので好きです。
上から下に垂らしておいてみてもいいですね。

【窓の内側】

●遮光カーテン

遮光率が99.9%というような、光を遮断してくれるカーテンが強力です。
ただ、カーテンの下や横部分からは光が入るかたちになります。
一度も使ったことない人ならかなり部屋の暑さがかわるのがわかるはずです。
最近は、断熱や防音などを兼ね備えた優秀なカーテンがあります。

●断熱シート

遮熱断熱の窓用フィルムがあります。
これも、貼るだけなので簡単にできます。

②部屋の温度を下げる定番

496064
●換気する

空気の通り道を作って、部屋の中のこもった熱い空気を入れかえる。
外から帰ってきたらエアコンをつける前にすれば、より部屋の温度が早く下がります。

 ↓

●エアコンをつける

エアコンの風向きは水平か上向きにセットする。
下向きにしたほうが涼しくて、部屋が早く冷えるように感じるかもしれないですが、
風向きが下だと熱い空気は部屋の上に残ったままになります。
すると、部屋の温度がなかなか下がらないです。

 ↓

●扇風機さらにはサーキュレーターをフル稼働

扇風機は部屋が暑い間は自分に向けてフル活動。
サーキュレーターは部屋の空気を循環させて、さらに温度を早く下げるために。

③エアコンの室外機

エアコンがなかなか効かない時、盲点になりやすいのが室外機。
室外機が直射日光に照らされていたり、空気の流れを遮るものがあると、
室外機に負担がかかってエアコンの効きが悪くなります。
できれば、室外機も日陰の場所に設置するか、日陰を作るようにしましょう。
ただ、吸込口を塞いではいけないので日陰にできない時は、
室外機に水を数分かけるだけでもかなり違いますよ。

部屋で熱中症になる温度とは?

452683
部屋の中がとにかく、暑いと熱中症の心配がありますよね。
特に、小さい子供さんやお年寄りの方はなりやすいので怖いです。

部屋の中で熱中症になる可能性がある温度はというと、

28度以上とされています。

ただ、これに湿度が関係してきます。

湿度が70%を超えるとなると熱中症に注意しておく必要があります。
窓を開けず風通しの悪い部屋なんかで、
部屋の温度が28度以上で湿度が70%以上というのは最悪です。

部屋が暑くて、湿度が高い時に、

①汗が出にくくなると、汗が蒸発して体温を下げてくれる働きが弱まります。
体温が下がらないので、体の中に熱がこもる状態になる。

②汗が出ても部屋の中にいて水分補給しない。
気づかないうちに脱水症状になってしまう。

特に、子どもや高齢の方は体温調整機能が弱いです。
「喉が乾いてきたな~」と、思った時には熱中症になっている可能性があります。
そして、熱中症が知らない間に重症化してしまうことも・・・
また、若いからといって熱中症にならないわけではないです。
その日の体調や睡眠不足があると熱中症になりやすくなりますからね。

ただ暑いから対策するのではなく、
熱中症の予防のためにも部屋の温度は28度以上にならないようにしたいですね。

部屋での熱中症対策は?

490266
①体温を下げる工夫

・熱いシャワーを浴びる。
・体を冷やす食べ物を食べる夏野菜(トマト、きゅうり、ナス、ゴーヤ
・逆に、温かいお茶を飲んで汗を出す。
・首や脇の下、足の付根を冷やす。

②睡眠とリラックス

寝不足だと熱中症のリスクが高まります。
できるだけ、睡眠時間を確保するようにしましょう。
そして、夏は熱帯夜で寝れないと質の良い睡眠ができにくいです。
寝汗とともにイライラしたりしないために、ここの冷却パットが人気ですよ~


まとめ

夏の部屋の温度を下げるには、とにかく西日対策してみてください。
これだけで、エアコンの冷えが違ってきますよ。

それと、夏は部屋の温度を上げないというのも一つの作戦です。
部屋の温度が上がり始める午前中からエアコンをつけて、
温度を上げないようにすれば下げる苦労よりはかなり楽ですからね。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>