結婚式に家族で出席!ご祝儀いくらぐらい?子供は迷惑になる?

334350
結婚式に子供連れて家族で出席となると、

なかなか難しいのがご祝儀。
決まったルールがないので困りますよね。

いくらぐらいにしたらいいのか?

迷うところ。

そして、

子供を連れて行った時に迷惑にならないか?

というところ。

この2つは気になりますよね。

今回は、

結婚式に家族で出席!ご祝儀いくらぐらい?
結婚式に子供は迷惑になる?

私の経験と一緒に紹介したいと思います。

スポンサードリンク

結婚式に家族で出席!ご祝儀いくらぐらい?

まずは、ご祝儀の相場から考えてみたいと思います。

・1人の時は、2~3万円。

・夫婦の時は、合わせて5万円。

・子供は、小学生以上なら1~2万円。
     小学生未満が3歳~6歳1万円。0~2歳はなし。
     ※0~2歳児だと食事の用意が必要ないため。

              

ここに親族や身内の結婚式の場合だと、
2万円~10万円くらいアップする感じですね。
これについては、
地域性や親族間での風習に左右されます。
ただ、あくまで一般的な相場なので、
少なくても多くても、シビアに見ている人もいます。
特に親族の場合は、出席する人に
さりげなく相談しておくのが無難です。

ここから、家族で出席する場合を考えると、

家族4人でその内、子供が5歳児と2歳児なら、

夫婦で5万円+子供2人で2万円、
合わせて7万円といったところが相場でしょうか。

家族で合わせて7万円って、結構な金額になりますね。

こんなにもって思った人もいるかもしれませんが、
結婚式のご祝儀の内訳を考えると、仕方ないかなと思います。

1人につき、食事代が1万~1万5千円、
子供の食事は中学生くらいから1人前になるところが多く、
小学生以下はお子様専用の食事、3000円~5000円くらい。
引き出物が8000円~1万円かかっています。

この4人家族のご祝儀7万円の場合で計算してみると、

スポンサードリンク

食事代が夫婦で2万~3万円、子供2人で6000円~1万円、
引き出物は家族で一つになるので8000円~1万円。

3万4千円~5万円くらいは、
結婚式の費用として使われています。

残りの3万6千円~2万円が、
結婚される方へのお祝いの金額になります。

こうして考えてみると、
すごく納得できる相場になります。
下手すると赤字なんてこともよく聞きますしね。

結婚式に子供は迷惑になる?

最後に、結婚式に子供を連れて行くとなると、
やっぱり、泣いたり騒いだりして、
結婚式や披露宴の迷惑になるのが心配になりますよね。

私の場合、
5歳児と2歳児の2人連れて弟の結婚式に
行ったんですけど、

結構、おとなしくしてくれていましたネ。

というのも、
この日の直前までに、

「今日は絶対いい子にしててよ~」
「大きな声出したり、走ったりするのもダメだかね」
「結婚式はみんなでおめでとうっていう特別な日だから、
誕生日とかクリスマスをおっきくしたものだよ」

何回も説明していたからかもしれないですね。

さらに、なんとしても静かに座らせていくために、
結婚式に持っていくものとして、

お菓子は必需品です。

特にアメ系のなめるお菓子、
チュッパチャップスかペコちゃんのアメ、
ミルキーらへんが鉄板です。
しばらくの間、静かにしてくれます。

うちの子は、内弁慶なんで
知らない人が多いと静かになるという性格も幸いしたところもありますねぇ~。
最悪は、会場の外で少し游んだり、
折り紙やお絵かきセットを用意してたんですけどね。

それでもやっぱり、子どもは連れて行かないほうがいいという人も、
いるとは思いますし、

実際、結婚式で子供が騒いだりすることもあります。

そのあたりは、

結婚される方が子連れでの参加を望んでいるか?

ここが重要かなって思います。

友人が私の子供と面識もあり、子供好きだったことと、
家族で参加してと、お願いされたというのもあるので、
私はあんまり悩まずに行きましたが…。

なので、結婚される友人や親族の人に、
相談するようにした方いいですね。

子供を預けておもいっきり結婚式を楽しむ。
そういうのも、たまにはありだと思いますしね。

ただ、子供が赤ちゃんだったら、
結婚式も欠席していたかもしれないですね。

スポンサードリンク

,

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>