ノロウィルスはどのくらいで治るの?うつる期間は?何回もかかるの?

166231
毎年、

冬の12月から3月にかけてピークを迎える、

ノロウィルス。

小さな子供さんやお年寄りの方が、

集団で感染するイメージもあるし、

自分は感染しないだろう、

って思っていたら、

ノロウィルスに……。

今回は、

ノロウィルスはどのくらいで治るのか?
ノロウィルスのうつる期間は?
ノロウィルスになったら何日休む?
ノロウィルスは何回もかかるの?

今まで一度も感染したことがないなら

いろいろと心配になりますよね。

ノロウィルスはどのくらいで治るのか?

 まず、ノロウィルスに感染すると、

12時間~48時間の潜伏期間があります。

他のウィルスと比べ、

比較的症状が早く出ます。

代表的な症状は、初日に激しい嘔吐と下痢がおこります。

その日のうちに症状は緩和され、

通常は症状が出てから2、3日で良くなる場合が多いです。

どのくらいで治るかといえば、

症状自体は2、3日で治ると言えます。

激しい嘔吐と下痢は非常に辛いですが、

そこを乗り越えると改善に向かいますね。

とはいっても、

体調が回復するのには時間がかかる場合もありますよね。

なので、

それを考えたとして、

1週間ぐらいはみておいた方がいいでしょうね。

ノロウィルスのうつる期間は?

ノロウィルスに感染すると、

比較的症状は早く治まったとしても、

やっかいなのは、

体内にノロウィルスを保菌しているという期間。

10日から長くて1か月くらい

便の中から排出される可能性があります。

当然ですが保菌している期間が、

人にうつす可能性のある期間になります。

なので、

完治した後も手洗い、消毒は入念にする必要があります。

スポンサードリンク

ノロウィルスになったら何日休む?

 ノロウィルスに感染したら、

一番困るのは仕事や学校、保育園などは何日休むのかというところ。

ぶっちゃけ、

一週間も休んだりってなかなかできないですよね。

ポイントは、

下痢や嘔吐といった症状が治まったら、

どうするのか?

症状が治まった後は、

自分の勤務先や学校、保育園などに、

行っていいかの確認、指示をもらうようにしましょう。

症状が出なくなったら出勤OKというところもあります。

当たり前ですけど、
症状が出ている間は、必ず休むようにしてくださいね。

出勤OKが出ても、

保菌しているので、手洗いに気をくばること。
自分の体調も回復してから出勤するというのも大切です。

ノロウィルスは感染力が強いので、

出勤OKが出たとしても、

もう1日余分に、

休むくらいがちょうどいいと思いますよ。

ただ、私のような飲食関係の仕事をしている場合は、

一度ノロウィルスに感染すると、

検便を提出して菌がなくなるまでは出勤できませんというところもあります。

最悪、2週間ぐらい休んでいる人もいたぐらいです。

めちゃめちゃきちんとしている所なら、

家族が下痢していても出勤できない所もあります。

会社ごとにあるルールを確認してみてくださいね。

ノロウィルスは何回もかかるの?

1度ノロウィルスに感染しても、

何回もかかる可能性はあります。

なぜかというと、

☑ノロウィルスにもいくつかの種類がある。

☑種類が違うと何回もかかる。

新型のノロウィルスなんかも出てきているので、

一度かかったら安心という訳にもいきません。

ノロウィルスの免疫期間についても、

以前は半年から一年なんて言われてましたが、

最近は3ヶ月くらいとも言われています。

当然ですが、

日頃からの手洗い、

体調を整えて体の免疫力を高めるようにしたいですね。

まとめ

簡単にまとめると、

1.ノロウィルスに感染
    ⇓
2.激しい嘔吐や下痢
    ⇓
3.2、3日で改善する。
    ⇓
4.勤務先での出勤可能か確認。
    ⇓
5.10日~1か月はノロウィルスを保菌。
この間は特に要注意。

一度、ノロウィルスにかかっても、
通常、症状自体は意外に早く改善されます。
ここはそこまで、気にしなくても大丈夫です。

もちろん、症状は非常に辛いですが…。

ただ、ノロウィルスは感染力。
1か月くらいは誰かにうつす可能性もあるから、

自分の家族や他の人にうつさないためにも、

手洗いやうがいなどをして、
自分自身が気を配るようにしないといけなくなりますね。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>