ノーメイクで肌がきれいになる?30代から肌がきれいになる方法は?

146913
子供の送り迎えやちょっとした買い物なんかの時って、

毎日の化粧が面倒くさいですよね。

つい、スッピンでもいいかってなるんですけど。

お肌に自信がないから、

マスクしたりして隠すことも…。

スッピンでも、

素肌がきれいなんて言われるくらいになりたいですよね。

今回は、
ノーメイクで肌がきれいになる?
30代から肌がきれいになる方法は?

というのを紹介していきます。

スポンサードリンク

ノーメイクで肌がきれいになる?

ノーメイクで肌がきれいになれば、
そんな簡単なことはないですよね。

今までは、どちらかと言うとメイクするのは好きで、
しかも、化粧するとスイッチみたいなのが入って、
家事なんかもなんかテキパキできてしまうんですよね。

ただ、化粧品がお肌に刺激を与えてしまっていることは確かです。
ファンデーションをぬるとかゆくなったり、
肌が弱くて、荒れてしまったりするのも化粧品による刺激からです。

お肌のキレイな人に言えることは、
ノートラブルで健康な肌であること。

そして、メイクがナチュラル。

お肌を健康な状態にするためには、
化粧品による刺激を少なくして、
もともとの肌の状態に近づけるということ。

となると、

もともとの肌の状態って、なると思うんですけど。

お肌から自然に出てくる皮脂、
これがお肌をバリアしている状態。

この状態なら、
保湿されたもちもちの肌になっているはず。

基礎化粧品が皮脂を出す機能をダメにしてしまっていたり、
洗顔しすぎで、必要な皮脂までとり過ぎていたりするので、
お肌がトラブルがおこります。

なので、すっぴん美肌を目指すなら、
化粧品はなるべく使わないようにしたいところ。

特に私のように敏感肌の人は、
どんなに高い化粧品でも外からの刺激に弱い場合が多いです。
手で顔をこするだけでも荒れたりするんですから。
知らず知らずの間に、
化粧することで素肌を傷つけている。


30代から肌がきれいになる方法は、

30代には30代のお肌に合う洗顔と化粧品を使用して、
お肌の保湿を重視したものを見つけるのが大事だと思います。

これは私の場合なんですが、

・必要以上のメイクをする

・メイクを落とすために、クレイジングと洗顔を入念にする

・クレイジングしすぎ、洗顔し過ぎで保湿されていた脂分をとりすぎる

・もともと敏感肌で、肌が荒れる。

・その後、化粧水、乳液などで水分と油分を補給する。

・お肌にさらに刺激を与えることで、
素肌がさらに荒れてしまう。

完全に負のスパイラルです。

特に25歳のお肌の曲がり角なんて言われる時期から、
お肌が荒れて、乾燥しやすくなってしまいました。

若い時にやっていたスキンケアでは、
全然ダメでしたね。

結局、私がいきついたことは、
いろいろとあるんですけど、

・ダイエットしないこと。
ビタミンCやミネラル豊富なものを食べるため。

・睡眠時間に気をつけること。

・出来るだけ、日焼しないこと。
日焼け止めよりも日傘をさすように。

中でも、一番気を使っているのは、
洗顔、保湿を念入りにすること。

20代と同じものを使っていては、
保湿が十分にされないということ。

これに気づくのに時間がかかりました。

洗顔や化粧品はいろんなのがありますが、
化粧品は日々進化しているので、
新しい成分のものは値段が高かったりしますが、
自分のお肌に合うものをみつけることが重要ですね。
⇒肌負担を減らす100%天然ミネラルのファンデーション

ようやく肌に合うのが見つかりました~!!お試しを

まとめ

素肌がきれい
お肌がキレイだねって言われるために、

・メイクは出来るだけ薄く。
・洗顔と化粧品は保湿を重視したものにかえる。

すっぴんでも自信のある素肌に!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおすすめ!!