顔がカサカサになる男のスキンケア!化粧品の男性用と女性用の違いは?

a0001_017216
働き盛りの30代男性。

最近、冬になるにつれて、

顔がカサカサで白い粉を吹くことがないでしょうか?

男性の乾燥肌って、

女性みたいに詳しくないのでどんな感じで

スキンケアすればいいか?

やっぱり、見た目が若く見られるためにも、

早めのスキンケアを初めたいですよね。

今回は

顔がカサカサになる男のスキンケア!
化粧品の男性用と女性用の違いは?

というのを紹介していきます。

スポンサードリンク

顔がカサカサになる男のスキンケア!

男の気になる乾燥肌やスキンケアについての疑問をチョイス!!

①乾燥肌に保湿が必要な理由は?

顔のお肌が乾燥してるなら、
なにわともあれ、保湿ですよね。

では、なにもしなくても、

乾燥しているお肌と水分の潤ったお肌

何が違うのかと言うと、

お肌の一番外側をおおっている「角質層」。

そこに含まれる「セラミド」という、
保湿成分の量の違いが大きいです。

いきなり専門用語で難しくなってきましたが、

「角質層」でよく言われるのはお肌のバリア機能

水分蒸発と外からの刺激を防いでくれる部分。

もう一つは、お肌で作られた最後の皮であるということ。

つまり、一番古いお肌。

肌の細胞は内側で作られて、
その細胞が角質層までくるとはがれ落ちていきます。

いわゆる「新陳代謝」「ターンオーバー」と呼ばれるもので、
常にお肌はこれを繰り返しています。

乾燥すると、白い粉になっているのは、
本来ならキレイにはがれるはずの皮が、
乾燥して顔についたままになっているということになります。

そこで「セラミド」なんですが、

お肌の新陳代謝を行う途中の過程で、
保湿成分であるセラミド作られています。

厳密には、保湿成分は皮脂やNMFと言われるものもあります。
ただ、保湿に大きな影響を与えているのはセラミドです。

なので、

保湿成分がうまく作られない。
(セラミドが少ない)

新陳代謝が正常に行われず、
顔がカサカサ、白い粉が吹く。
ということになります。

さらに、
「セラミド」の作られる量は、

☑体質により量が違う
☑年齢を重ねると減る

もともと乾燥しやすい、
年をとると乾燥肌になるということがおこります。

長くなりましたが、
まとめると、

お肌を正常にターンオーバーさせるために、
水分=保湿が必要になります。
保湿するのにお肌に必要な成分が、
セラミドということになります。



②お肌に保湿はどうする?

ここまでくるとおわかりですが、

「セラミド」配合の化粧水や乳液やクリームを選んで、

お肌に補給するのが一番いいです。

それと、

天然の植物性オイル、
ホホバオイル
アボガトオイル
オリーブオイル
シアバター
といったものが総合的に含まれているものなんかがおすすめです。

③男のスキンケアの仕方は?

女性のスキンケアなら

【フルコース】
・洗顔

・化粧水

・美容液

・乳液

・クリーム

洗顔→化粧水→乳液からはじめていくのがいいです。
フルコースまで行く必要はないです。
男性の場合、女性に比べて皮脂の分泌が多いので、
基本は化粧水のみで十分です。

ただ、自分の肌質にあったスキンケアをすることが重要です。

④化粧水はいつ、どのくらい?

化粧水は洗顔後、入浴後の脱衣室でつけます。
お風呂に出た後が一番、顔のお肌に水分が含まれた状態です。

そのままの状態を保つためにも、
脱衣室で化粧水をよくなじませるようにしましょう。
量は2、3回重ねてつけるぐらいで十分です。
その後、乳液で水分を逃がさないようにします。

⑤男にもおすすめのベビーローション

なんでベビーローション?

ってなると思いますが、

個人的におすすめです。

理由は、

☑べたべたしない、これが重要。
☑これひとつで、保湿十分で簡単。
☑もちろん、セラミド配合。
☑赤ちゃんにも使えるほど、お肌に優しい。

化粧品の男性用と女性用の違いは?

男性用の化粧水や乳液って種類も少なくて、

なんか物足りないですよね。

それに比べて、
当たり前かもしれないですが、
女性用の化粧品はめちゃ豊富。

見ている内に、
女性用の化粧品を試したくなってしまいますよね。

そもそも、
男性用と女性用の違いって何なんだろうか?

①油分

男性用は、脂顔がおおいので油分が少なく、
脱脂力のあるものが多い。
男性は皮脂の分泌量が女性の約2倍。
年をとっても皮脂の分泌量は、
若い時とほとんど変わらない。

②アルコール
男性用は、ひげ剃り後に使われることを考えて、
殺菌作用のあるアルコールを含む物が多い。
女性用は、むしろ刺激をさけるためにアルコールは少ない。

③清涼感

男性用の特徴として、
クールな刺激という意味でメントールが使用されているものが多いですね。

結局、男と女の肌質の違いからくるものなんですが、
誰しもが当てはまるとは限りません。

女性用の特徴である、
油分と水分が多く含まれるので、

男性でも乾燥肌ならむしろ女性用の化粧品の方がいいでしょう。


まとめ

男性も女性と同じで、

お肌がきれいだと見た目や好感度もかなり違ったものになります。

そう考えると、

乾燥肌もきちんとスキンケアしておきたいですね。

ただ、何事もやり過ぎ、気にしすぎるは良くないです。

余計に肌荒れしてしまうことにもつながりかねないので、

気をつけたいですね。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>