飛行機の座席の選び方は子供がいるとどこ?機内での過ごし方は?

95c7104362399ad6aa6a26e3dba94955_s
子供を連れて長時間飛行機に乗る時、

気になるのは飛行機の座席はどこにするのか?

子供がクズって長時間どう過ごせばいいのか?

できるだけ、

周りの人に迷惑にならないようにしたいですもんね。

今回は、

飛行機の座席の選び方は子供がいるとどこ?
飛行機機内の子供の過ごし方は?
子供の飛行機での耳抜きはどうする?

というのを紹介していきます。

スポンサードリンク

飛行機の座席の選び方は子供がいるとどこ?

長時間の飛行機で子供が赤ちゃんや1歳ぐらいまでだと、
バシネットのある座席が一番いいですが、

バシネットは事前予約で取れない場合もあるし、
子供が2歳以上になると、バシネットは使えません。

3歳位の子供って、
なかなかおとなしくずっとしていないので、
色んな意味で大変ですよね。

さて、

飛行機のどこの座席がいいか?

①スクリーン前の座席

・多少前が広いので、子供を遊ばせることができるのと、
前の席に人がいないので安心。
・移動するのが楽にできる。

・肘掛けが上がらないので、横に寝かせられない。

②一番後ろの席(3人がけ)

・空いている便だと、前側から席はうまるので、
横の席が空席になることも。
・多少、子供が騒いでも目立ちにくい。

③2人がけの席

・トイレに近く、CAと向い合せで座る席もあり安心。
・CAさんは、離着陸の時以外はいないので座席付近を広く使用できる。
・後ろに人がいない分、他の人に迷惑をかける心配が減り少し楽になる。

④ビジネスクラス

・値段がやっぱり高い。
・座席の広さやCAさんのサービスなども別格。

個人的に、子供が連れて良かった座席は、
飛行機内にある2人がけの席ですね。

3人がけだと、やっぱり隣の人が一番気になりますし、
たいがいの飛行機は後ろの方に2人がけの座席が設置されていることが多いので、
人の目もだいぶ気にしなくて良い所ですね。
新婚旅行の時でも、
この座席はおすすめされましたけどね。

ただ、飛行機によって、
真ん中あたりの2人がけのところは非常口で制限があるところもあるので注意して下さい。

飛行機の種類にもよるので、予約時に確認するようにしましょう。

スポンサードリンク

飛行機機内の子供の過ごし方は?

子供が2、3歳になってくるとおとなしくずっと座っているわけではないですよね。

一番は寝ていてくれたらいいですけど、
ずっと寝ているわけにもいかないですし、
飛行機に乗ってテンションが上って全然寝ないということも。

フライト時間にもよりますが、
子供の過ごし方を紹介します。

飛行機に持って行くと良いものは、

・お菓子
・ポータブルDVD
お気に入りのアニメがあれば、かなり重宝します。
・本
付録付きの幼児月刊誌、絵本など、
子供が今、ハマっているもの本。
・塗り絵と色鉛筆
・好きなおもちゃ

飛行機によって、
アメやおもちゃのプレゼントもくれます。

ちょっとずつ、子供のお気に入りのものを出して、
遊ばせるといいです。

でも、一番はポータブルDVDでアニメを見させると、
あまり子供にはよくないかもしれないですが時間は稼げます。

私の子供の場合は、
とにかく、はじめての飛行機で怖がり過ぎて、
1時間位は抱っこしたまま離れず、そのまま寝てしまったので、
結果的にはラッキーでしたね。

起きてから遊ばせることができたので、
子供が寝ている間、自分もかなり寝れたのが良かったですね。

子供の飛行機での耳抜きはどうする?

子供の飛行機での耳抜きは、
気圧の変わる離着陸の時に、アメやジュースなどの飲み物で対処すれば大丈夫です。

小さい子供さんだと、
鼓膜が圧迫されて、それで泣くこともありますし、
泣くと耳の気持ち悪いのが収まることもあります。

注意が必要なのは、

●鼻水や風邪をひきかけている時
大人でも中耳炎になる可能性があるくらいなので、
その時は、特に注意が必要です。

●離陸よりも着陸時が注意。

着陸時のほうが、気圧の変化していく時間が長いため、
子供の体にも負担がかかります。
寝ていても負担がかかるので、
着陸前の30分間は注意が必要ですね。

まとめ

飛行機で子供と移動することは、
いろいろと大変なことも多いと思いますが、

できるだけ、周りの人に迷惑のかからないようにしたいですよね。

すべて、思うように楽にとはいけませんが、
CAさんや周りの親切な人も手伝ってくれたり、
人の暖かさを感じることもあります。

子供にとっても、
良い思い出になるように、事前の準備でできることはしておきたいですね。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>