鼻の黒ずみの洗い方は?キレイに取れない時は?予防するには?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-CRI_IMG_6016-thumb-1000xauto-18015
今まで、スキンケアにあんまり興味がなくて、

ほったらかしにしてたんですけど、

ここ最近、鼻の黒ずみが目立って気になるようになって…。

周りの女友達はキチッとお手入れしているみたい。

今からでも頑張ってスキンケアしたいです。

今回は、

・鼻の黒ずみの洗い方は?
・鼻の黒ずみがキレイに取れない時は?
・鼻の黒ずみを予防するには?

というのを紹介していきます。

スポンサードリンク

鼻の黒ずみの洗い方は?

そもそも、
鼻の黒ずみは、毛穴に皮脂(酸化すると黒くなる)と
汚れが混ざったものがつまって出来ています。

なので、
鼻の黒ずみは、丁寧に洗顔さえしていればキレイに取れます。

洗い方は、

①蒸しタオルを顔にあて、毛穴を開かせる。

濡れたタオルを電子レンジで40秒から1分ほどすれば

簡単に蒸しタオルになります。

②クレイジングオイルで鼻を指でやさしくマッサージ。

メイクしている場合は、
メイクの汚れも落とします。
クレイジングオイルだと必要な皮脂を奪うことはないです。
ただし、力いっぱいこすったりしないように、
指でやさしくクルクルするようにしましょう。

③洗顔フォームでやさしく洗顔。

ポイントは、もこもこするぐらいまでよく泡だてること。
泡立てネットを使って泡立てると楽にできます。
そして、とにかくゴシゴシこすらないで、
泡で顔を洗う感じで洗顔してみてください。

泡で洗うと、毛穴の奥まで行き届いて、
汚れを落としてくれます。
泡を顔に数秒のせてあげると、肌になじむのか、
汚れも落ちやすくなりますよ。

④水ですすぐ。

とにかくしっかりとすすぎます
洗顔料が残ると、毛穴がつまる原因にもなります。
水ですすぐことで毛穴がひきしまります。

⑤保湿性の高い、化粧水と乳液をぬる。

お肌に水分を閉じ込めるためにも重要。
乳液なんかベタベタするから、
嫌な人もいますが乾燥を防ぐためにも必要です。
冷えた化粧水を使うと、もっと毛穴がひきしまりますよ。

洗い方はこれだけなんですけど、

とにかく、やりはじめは

「めんどくさい」です。

慣れてきて毎日、習慣化すれば、
鼻の黒ずみがキレイになっていくと思いますよ。

ただし、
洗い方で注意することがあります。

●洗顔しすぎに注意!!

基本的に、夜に1回洗うのでいいです。
朝にも同じことをすると洗顔し過ぎになります。

洗顔時間も長くかけ過ぎないようにしましょう。
気にし過ぎると、余計に時間をかけてしまったりして、
知らず知らずの間に肌を傷つけたり、
肌に必要な皮脂をとり過ぎてしまうことになります。

皮脂を取り過ぎると、
余計に肌に油を出そうとします。

ということは、乾燥肌になってしまいます。

●肌にあった、洗顔料、クレイジング、化粧水、乳液を使う。

これは、自分にあったものを見つけるようにしないといけないですね。
というと、難しく聞こえるかもしれないですが、
肌に負担が少ない、自然なものを使うといいです。
その分、値段が高ってしまいますが…。

個人的には、自分にあったものを探すのが、
結構、楽しいんですよね。


鼻の黒ずみがキレイに取れない時は?

普通に洗顔だけしていても、

「キレイにとれない!」
「洗顔した後、すぐに黒ずみができる」

というような時に他にも毛穴をキレイにする方法をいくつか紹介しておきます。

☑鼻パック

毛穴の角栓ごととってくれるのですが、
毛穴が開いてしまうとよく言われます。

個人的には、
鼻の黒ずみがとれるので楽しいんですが、
かなり鼻周りが乾燥します。
よっぽど頑固な黒ずみか、
男性のように肌の強い人ならいいのかもしれないですね。

☑ピーリング

お肌に残った古い角質をとることで、
鼻の黒ずみをキレイにしてくれます。
おすすめは、
ピーリングジェルとピーリング石鹸。
肌質によっては、
強すぎるかもしれないので、
注意が必要ですが、
使ったことがないなら一度試してみてください。

個人的には、
お肌がスベスベになるので、好きなんですが、
やり過ぎると肌のバリア機能が弱まるので、
そこが気になるところです。

☑クレイジングオイルをかえる。

オリーブオイル
ベビーオイル
ホホバオイル

この3つのオイルも黒ずみをとってくれるオイルです。

個人的には、
ホホバオイルは肌にも優しくて、
万能オイルなので重宝しています。

☑酵素洗顔

お肌の新陳代謝を活発にして、
毛穴の汚れを取り除く、
鼻の黒ずみが取れない時の最終手段になるかもしれないです。

スポンサードリンク

鼻の黒ずみを予防するには?

鼻の黒ずみは、皮脂と汚れ。

なので、皮脂がなければ黒ずみになりにくい。
また、毛穴が小さいと黒ずみになりにくいです。

ということは予防するには、

①余分な皮脂をとる。

正しい洗顔。

②毛穴をふさぐ。

保湿をきちんと行う。

この2つのことが重要です。
適度な油と水が必要ということですね。

ただ、
毛穴に皮脂が詰まっている、
そのことは正常なことです。

完全に取り除くことはできないですし、
皮脂は出てくるものです。
自分のお肌をケアしながらうまいこと付き合って行かないといけないですね。

ここで私も間違っていたのが、
自分のお肌が脂っぽい(脂肌)と思っていることです。

お肌へのうるおい→保湿が足らないと、
お肌が水分が足らないというのをキャッチして、
それを補うために皮脂を出すという働きがあります。

実は乾燥肌になっているのに、
顔が油でテカテカしているので、勘違いしてしまいます。

この場合、逆に肌を保湿することで、
皮脂を出来るだけでないように保湿してみてください。

①基本的に、普通肌用か乾燥肌用の化粧水で保湿する。
②化粧水の後に、乳液をつけるようにする。

乳液は、お肌に入った化粧水を蒸発するのを防いでくれます。

乳液はベタベタして、
好きではなかったんですが、
時間がたつとお肌の状態は前に比べて、
ぜんぜん違うようになりましたね。

とにかく、私の場合、

保湿が足らなかったんですね。

洗顔の皮脂をとりのぞく強さと、
保湿のバランスがとれるようになると、
鼻の黒ずみの予防にもなっていますね。

まとめ

とにかく、

今までよりも、

丁寧に洗う

丁寧に保湿する

そして、自分の肌にあった洗顔料や化粧水を使う

単純なんですが、

毎日やるとなるとめんどくさい、

でも、続けることでキレイなお肌になっていけばいいですね。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>