熱中症を部活で予防するには?水分補給のおすすめと休憩の取り方は?

b9d5d2b636ddff25ac06c6fafcbefb70_s
夏本番の時期。

中学や高校で部活動をしていると暑すぎて、

汗が半端無く出てきますよね。

心配なのは、やっぱり熱中症。

周りでも熱中症でダウンする人も出てきて、

熱中症にならないために対策をしないといけないですね。

でも、よく言われている、

熱中症の対策は水分補給だけではないです。

今回は、

熱中症を部活で予防するには?
スポーツする時の水分補給のおすすめは?
熱中症は休憩の取り方も大切!

というのを紹介していきます。

スポンサードリンク

熱中症を部活で予防するには?

熱中症を予防するには、

一番はこまめに水分を補給すること。

単なる水ではなくて、塩分も取ることが必要。

と言っても、

水分補給だけしていればいいというわけでもありません。

水分補給以外にも大事なことがあります。

熱中症になる人は、

他の原因もある場合が多いので、
自分はどうか確認してみてください。

①体調管理

睡眠不足
☑風邪をひきかけている
☑疲れが取れない、夏バテ

こんな状況があれば、特に注意する必要があります。

夏バテぎみなら、
シャワーではなく、
なるべくお風呂をきちんとつかるようにした方が良いです。

10分以上20分未満の時間で、
半身浴するのも疲れをとるにはいいですよ。

②生活習慣

家に帰るとクーラーに当たりすぎて、
体を冷やしすぎていませんか?

エアコンに当たり過ぎると、
汗腺がへってしまうようです。

というのは、
汗が出にくくなり体温調整しにくい体になってしまいます。

暑い所と冷たい所の温度差があり過ぎるのは、
体にとっても良くないです。

エアコンの温度を下げ過ぎないようにしましょう。
ただ、体をクールダウンする事は、
疲労回復にもなるので必要です。

③食事

朝ごはんを食べることできていますか?
朝食抜きで運動すると、
血糖値が下がることで熱中症にもなりやすくなります。

ご飯、納豆などの普通の朝ごはんでいいです。
もし時間がなくても、バナナだけでも食べるようにしましょう。

また、朝ご飯だけでなく、暑くなってくると食欲が減ってきたりします。
できるだけバランス良く、食事するようにすることで夏バテを防ぎたいです。

おすすめするのは、
豚肉やレバー、にんにく、ピーマンなどを食べると良いですね。

暑いのでついついアイスに手が届きますが、

体の中から冷やしてくれる、
トマトやキュウリ、ナスなどの夏の野菜もできるだけ食べるようにしましょう。

それでも食欲が出ない時は、消化の良いもの、
冷たいうどんやそーめんといった物は食べやすいですね。

スポンサードリンク

スポーツする時の水分補給のおすすめは?

夏場の長時間、スポーツするのなら、

基本ですがスポーツドリンク。

ポカリスエット
アクエリアス
ゲッターレード

塩分も入っているので、
自分の好みのものでいいと思いますよ。
糖分が気になるのなら、
粉末タイプのものを少し薄めに作ようにしてください。

個人的におすすめするのは、

グリーンDAKARAですね。

なんとなく、
健康に良さそうな感じがするのと、
味が好みなのでスポーツする時によく飲んでます。


熱中症は休憩の取り方も大切!

部活の休憩時間ってそんなにないと思いますが、
どんなことをして休憩していますか?

①体をクールダウンする。

当然ですが、
日陰で出来るだけ休むようにしましょう。

そして、
濡れタオルなどで体の熱をとるようにしてください。
首筋や脇の下なんかを冷やすといいですよ。

私の場合は、
凍らせたペットボトルをタオルで巻いて、
冷やしたり、頭から水をかぶってクールダウンしてましたね。

②糖質と炭水化物をとること。

おにぎり一個やバナナだけでも食べるとよいです。

③5分でも目をつぶって、しっかりと休憩をとる。

意外に目をつぶって休憩だけでも、
疲れがとれて違いますよ。

④塩飴と塩タブレットをなめる。

まとめ

夏の部活で熱中症にならないために、

水分補給以外にも色々と気をつけていきたいですね。

自分の体は自分で守る。

そして、少しでも体がおかしいと感じたら、

指導者の人にいうようにして下さいね。

皆が練習している時に、

言いにくいかもしれないですが、

熱中症を甘く見ないようにしてくださいね。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>