花束の保存方法や長持ちさせるには?渡すまでの前日保存はどうする?

ERY86_nyuansucol20140512500
花束の保存方法。

お祝いごとでプレゼントにもらった時の花束。

お祝いごとでプレゼントするために買った花束。

せっかくの花束なので、できるだけ長持ちさせたいと思いますよね。

今回は、

そもそも花束はどのくらいもつの?
花束の保存方法や長持ちさせるには?
花束を渡すまでの前日保存はどうする?

を紹介していきます。

スポンサードリンク

そもそも花束はどのくらいもつの?

●花束はどのくらいもつ?

花屋さんから買ってから、

冬場なら1~2日程度
それ以外なら、1日置くと元気が無くなってきます。

冬場でも室温が高いと早くしおれてしまいます。

目安は、温度が5度から10度のくらいが花束にはベスト。
花屋さんの冷蔵庫の温度もこれに設定されているようです。

●花の種類によっても違います。

☑バラ  半日~2日
☑スイトピー  1日~2日
☑チューリップ 1日~2日
☑フリージア  1日~2日
☑カラー    1日~2日
☑カーネーション2日~3日
☑ユリ     2日~3日☑かすみ草   半日

花がつぼみの状態で購入して
涼しい場所に保管しておいた場合の目安になります。

あくまでも、鮮度と温度によって変わってきますが、
参考にしてみてください。

花束の保存方法や長持ちさせるには?

いくつかの保存方法がありますので、
試してみてくださいね。

①水を交換する

・出来れば毎日交換する。最低でも週1回。

・花の茎の足元を1cmくらい、ナナメに切る

茎のぬめりがある部分はキレイにとる。

スポンサードリンク

これをするだけでも、
1週間はかわってくるはずですよ。

②無色のジュースを入れる。

お花に糖分を与えるため。
炭酸のものは、泡で吸収しにくくなるのでやめましょう。

③漂白剤を入れる。

水の中のバクテリアの繁殖を防ぐため。
量はほんの一滴、少しでも多くなると良くありません。

④切り花の延命剤を入れる。

ホームセンターなどで専用のものを購入。

⑤お米のとぎ汁をいれる。

【長持ちさせるには】

①花の切り口からバクテリアが入って腐るのを防ぐ。
②水温が高いとバクテリアの繁殖、
花の給水にも負担がかかるので、
日に当たらない日陰にお花を置くようにしましょう。

簡単にできるのは、
こまめに水を交換してあげることですよね。

花束を渡すまでの前日保存はどうする?

花束を当日に用意する時間が無い時は、
前日に購入しておいて保管することになると思います。

こういう場合の注意点は、

☑花束は立てたまま保管するようにする。
横に倒してしまうと、水分が流れ出てしまいます。☑バケツなどに水を入れて、水につけておく。
花束の周りを新聞紙などでくるむ。

花束をほどいてバラバラにすることができないので、
最低限できることをしておけば、

1日くらいは大丈夫です。

ただ、

花屋さんに予め、
購入した翌日に渡すことを伝えて、
十分に水につけておいてもらいましょう。
また、エコゼリー(保水ゼリー)で花束の茎の部分を
保水してくれると思いますが念の為に確認しておきましょう。

まとめ

お花は枯れてしまうものですけれど、

なんかその一瞬一瞬の輝いている時、

結婚式、卒業式、退職祝いなど色んな人生の場面での一瞬に

花束が似合いますよね。

枯れてしまうのは寂しくもありますが、

その一瞬と花束の綺麗な一瞬が少しでも続けばいいですよね。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>